【山王病院 出産レポ①】出産前夜:いざ入院!入院部屋タイプや病院食公開!

レポ

無事出産が終わり、初めての育児にバタついている毎日です。

忘れないように出産レポを残しておきたいと思います。

山王病院での出産を控えている方への参考になると幸いです。

出産前夜

お腹の中で頑張って10ヶ月生きてくれた命、ついに明日出産を迎えます!

お腹ももうパッツパツになって、おへそも押し出されてでべそになってます笑

↓おへその位置すぐわかりますよね笑

私は低置胎盤と診断され、予定帝王切開での出産が決まっていたので出産日を事前に決めて、出産予定日の前日に入院する計画出産だったので前日から入院バッグをもっていざ病院へ!

14時までに入院受付を済ませる必要があるのでそれに合わせてタクシーで山王病院へ。

タクシー内で、明日出産とわかったタクシーの運転手さんが

「今までよく頑張りましたねえ。明日人生で一番の大仕事をして、人生で一番幸せな瞬間を迎えるのですねえ。頑張ってくださいね!」

なんて優しい言葉をかけてくるもんだから、タクシー内で早くも泣いてしまいました。

入院前夜から緊張と不安と喜びがMAXで、涙腺がかなりもろくなっています><

山王病院の入院部屋タイプについて

山王病院には5つの部屋タイプがあります。

タイプはAからEまであって、1泊3.5万のEタイプの部屋から1泊14万(!)のAタイプの部屋まで、バリエーションは様々です。

Aタイプの部屋には必要なのか全くわからない応接間みたいなやつもついている。笑

Aタイプのすごすぎる部屋に泊まるような方は出産後にとってもすごい方とかたくさん呼んだりするのかな?

ちなみに各部屋の違いは、広さ以外に、A〜Dタイプは入院中に付き添いの方が1泊OKで、Eタイプは宿泊不可です。

あとEタイプの部屋にはキッチンがついていません

夫に宿泊してほしかったのでDタイプ希望で出していましたが、入院当日はDタイプに空きがなかったのでその日はEタイプの部屋になりました。

ちなみに、Eタイプ以外についている「キッチン」についてですが、キッチンなんているか?と思ってましたが、EタイプからDタイプに移ってから、赤ちゃんの飲むミルクを作って冷ます時にとっても便利だったので、私は最終キッチン付きの部屋になってよかったと思いました。(Eタイプだとミルクを覚ますときにキッチンではなく洗面台を使いました)

入院当日に通されたEタイプのお部屋はこんな感じです。

私と夫2人で十分な広さで、ホテルみたいにとてもキレイだし居心地がいいです。

パジャマに着替えて出産前日の検査を待ちます。

この大きいお腹も明日でお別れかー!

ちなみに着ているパジャマは SWEET MOMMYさんのマタニティパジャマです。

とても着心地が良くて、入院着もちょっと可愛いものが着たい!って方にぴったりだと思います。

画像引用:SWEET MOMMY公式サイト

SWEET MOMMY マタニティパジャマをamazonで見る

SWEET MOMMY マタニティパジャマを楽天で見る

 
 

山王病院の病院食について

山王病院はご飯が美味しいということでも有名です。

色んなブログで読んで楽しみだったので献立表をもらってびっくり!

病院とは思えない美味しそうなメニューが並んでいます…😍

朝ごはん7:30〜、昼ごはん12:00〜、夜ごはん18:00〜で、朝ごはんと昼ごはんは「洋食」「和食」(たまに「中華」)で毎日好きな方を選ぶことが出来るのです(^^)!

ご飯選択式って超ありがたくないですかね?

出産前夜の夜ご飯はこんなかんじでした。

とっても美味しかったです!( ;∀;)

帝王切開手術なので、この日の21時以降〜出産当日絶食なため、超味わって食べました。

21時ギリギリに、無理やりアイスも食べました。

いよいよ明日出会える…!

ドキドキと不安と緊張と嬉しさと、、、色んな感情が混ざった、なんとも言葉で形容しがたいとても不思議な心境でした。

頑張って寝ました。

続く



レポ 出産 妊娠
WAMOTOをフォローする

Ms.LIFE〜新米ママの奮闘記〜

コメント